GEISAI MAGAZINE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤玲さんの連載コラム★最終回★

sato_title3.jpg


みんなの作品

私は部屋で絵を描いていているので、
いつでも絵を見れる状態になっています。
そうすると、何度も見ているうちに一度完成かと思った作品に
こうしたらいい、ああしたらいいと付け足すことが思い浮かんできます。

前に、ある絵を見ていた人が(私の絵じゃないいですが)、
「これは完成度が高いですね。」
といっているのを聞いて、それってどういう意味だろう?と思ってしまった。
制作途中っぽい絵でも、自分の絵なら私が完成と思ったら完成なのですが、
他の人には完成と見えないかもしれない。
自分が良く描けたと思っても他の人が良くないというかもしれないし、
その逆も言えます。
人に作品が未完成だと思われたらそうなのかと思いますが、
自分が良く描けたと思ったものが良くないと思われるのは…。
ものすごく多くの人が良いと思ってもやっぱり自分が良いと
思わない絵だったら私は描けません。
だってそうしたら私が絵を描く意味がなくなってしまう。
じゃあ誰が見ても素敵な絵って一体どんなだろう?
う~ん
きっと誰もが考えることなのかもしれないけど。

私が好きな作品を例にとってみても、色とか形から始まって
私の記憶、経験、作者の考えとかが影響して自分が素敵だと
思う作品になっているので、それをより多くの人に感じさせるのは
とても難しい。ただ、なんか良い!という絵もあるし(それは私が
原因を探れていないのだろうか)。
…もっと多くの良い作品を見なくては。そして作品をつくろう!!
好きな作品を見ると心底そう思います。


*↓写真はクリックすると大きくなります。

11.jpg

9.jpg

6.jpg

20050923213528.jpg

4.jpg

17.jpg

16.jpg

15.jpg


写真・文=佐藤玲(アーティスト)

*本連載は今回で終了いたします。ご愛読ありがとうございました。
スポンサーサイト

東京モダンアート娘さんが初の自主企画展開催!

このところ、すっかりGEISAI名物となった
東京モダンアート娘さんですが、
あの華やかなライブ・パフォーマンスが
ついに自主企画として披露されます!

題して「アイドル解体新書」!
9月27日(火)~10月1日(土)、
中目黒のSPACE FORCEにて!
目黒区青葉台1-20-4 FORCE.B1
TEL.03-3464-5869
http://www.space-force.com/
内容については、オリジナルのHPをまずは見るべし。
http://www.modernartmusume.com/index.html

彼女たちの魅力に全員ノックアウト!?
東京モダンアート娘ファンの皆さん、お楽しみに!

20050923215332.jpg

現代美術二等兵さんの展覧会が日曜まで!!!

GEISAI #8では、スカウト・ブースにて、
またまたひねりの効いたオモシロ・アートを見せてくださった
現代美術二等兵さんですが、
なんと今週末まで個展が開催中です。
最終案内になってしまいましたが、ぜひ駆け込みを!!

現代美術二等兵展覧会「誰がおじいちゃんやねんRock'n Rollショー」
@立体ギャラリー射手座(京都)
9/20~9/25
13:00~20:00(最終日18:00まで!)
http://homepage3.nifty.com/2touhey/

毎年恒例の新作駄美術展なんだそうです。
タイトルも気になるし、ああー-、見に行きたい!
「駄美術」の真相はいかに?
関西方面の方は、ぜひ目撃してきてくださいねー。

佐藤玲さんの連載コラム9!

sato_title6.jpg

天気の良い日には…

今日はとても天気がよかったし、
夏の終わりと秋の始めがちょうどよく混ざる
今年最後の日かもしれない、と思って写真を撮らずにはいられませんでした。

私がこんな天気がいい日に撮りたいものといえば
「ぼくのハワイ」です。
何のことかというと、葉っぱが細長くてちくちくしている、
小さいヤシの木みたいな、いかにも南国っぽい植物
(多分ソテツという名だと思います)が含まれた風景のことです。
私はその風景を見つけるたびに
「あ!ぼくのハワイだ」
といって走っていくので、友人が
「は?」
と言っていて面白かったです。
そうか、私だけがそう呼んでいるのだった。
私が行ったこともないハワイを思い描いて、
きっとハワイはこんな感じだろうと勝手に思って撮っている風景。
だから「ぼくの」が付くのです。
本当にどこにでもあるのですよ「ぼくのハワイ」は…。
今日も荻窪の中だけで、ハワイは何か所あったことか!
だからこそ、自分がもつハワイのイメージにより近いものを
吟味して撮るのです。

そしていつかハワイに行ってこの目で確かめるのです。
自分のイメージとどれだけ違うかを。
高校生の頃はひたすら「ぼくのメキシコ」を撮っていたなぁ。
それもとても面白かったです。

*↓写真はクリックすると大きくなります。
7.jpg

5.jpg

13.jpg

12.jpg

8.jpg

1.jpg

写真・文=佐藤玲(アーティスト)

GEISAI #8 リポート1/4~前夜祭編

【1】お待たせしました!GEISAI #8の会場の様子をリポートします!

世間は衆院選で沸き立つ9月11日の日曜日、東京国際展示場ビッグサイトにてGEISAI #8が開催されました。GEISAIの前身となった「芸術道場GP」@東京都現代美術館から数えると、実に4年目に突入した一大アート・フェスティバル、GEISAI。今回は、一般参加者1000名以上、また予想以上の入場者を迎え、大盛況のうちに幕を閉じました。
審議の様子や受賞作、イベント等についての詳しい情報は別のコーナーを見ていただくとして、ここではまず、極私的に気になった場面や作品をご紹介していきます。
(リポートは下に向かって全4章に分かれています)

【“GEISAI #8 リポート1/4~前夜祭編”の続きを読む】

GEISAI #8 リポート2/4~特別ブース編

【2】いざ、GEISAI #8開幕!

opening.jpg

午前9時半、いつもの格闘技のテーマにのって、オープニングセレモニーが開始されます。チアマン村上隆氏の挨拶の後、審査員の方々が紹介されると、恒例の全員集合写真撮影。
そして、待望の一般来場と審査の時間が始まりました!

【“GEISAI #8 リポート2/4~特別ブース編”の続きを読む】

GEISAI #8 リポート3/4 ~一般ブース編

【3】熱気ある一般参加ブースへ!

絵画、イラスト、彫刻等々、本当にいろいろな未知の作品が集まったエリアに、いざ突入!個人的に目にとまったものや、話題になっていた作品をスナップしました。
おそらく人によって気になる作品は千差万別。どのブースがよかったか、知り合いと話したり情報交換するのも、GEISAIを訪れる醍醐味のひとつです。さて、あなたはどんな宝物が見つかりましたか?

【“GEISAI #8 リポート3/4 ~一般ブース編”の続きを読む】

GEISAI #8 リポート4/4~イベント編

【4】豪華顔ぶれによる、びっくりイベント多発!

吉本興業お笑いライブ、バルバロスサンバライブなど、今回もステージ・イベントは盛りだくさんでしたが、なかでも驚かされたのは、佐藤玲さんのステージ・デビューでした。

honey.jpg

曽我部恵一さんのステージの前座として出演したバンド、牧田純とハニートーストは、ブース出展している牧田さんの音楽ユニットで、そこにヴォーカルとして佐藤さんが加わった形です。突如会場に鳴り響く叫び声に誘われ、ステージ前に赴くと、そこには会場に乱入しながら奇声を上げる佐藤さんの雄姿が! ボアダムスを彷彿とさせる実験的でパンクなステージはやけにのびのびとしていて、会場に開放的な刺激をもたらしてくれたのでした。ビックリした~。

satoeri.jpg

佐藤江梨子さんが、326さんたちとアート・ユニット「321326」を組んで一般参加したのも、話題でした。前回来場した際に、「楽しそう!」と会場の雰囲気に触発されたそうですが、自作のポストカードや著書、三人で作ったオリジナルTシャツの販売に臨んだ3人は、本当に楽しそうにお客さんと接していました。

david2.jpg

david3.jpg

前日から続けられてきたデビッド・エリスさんの壁画制作も、夕方には佳境に。
kamiさん、sasuさんというコラボレーターと一緒に、みるみる多重な線と色でコスミックな世界が展開されていきます。チアマン村上曰く、「心が洗われるよね~」。
生き生きと描く彼らの姿に勇気づけられて、とてもGEISAIらしい、気持ちのいい締めを迎えることができました。

参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした!
受賞者の声なども、おってお伝えしていきたいと思います。

会場限定販売!グルビ特製のGEISAIバックが出来!!

GEISAI×groovisionsのおしゃれなペーパーバックが出来ました!

GEISAIでお気に入りの作品を見つけたけれど、持ち帰るカバンがなくて困ったことはありませんか?
そんな悩みにこたえてくれる、ナイスな品の登場です。

bag.jpg

鮮やかなオレンジ・カラーにワンポイント入ったシンプルかつかわいいペーパー・バックです。
デザインはなんと、groovisions!
内側の裏地は、目玉キャラを使ったパターン模様と、
さすがはグルビな逸品です。
結構おおぶりなので、大作をゲットしても大丈夫。
GEISAIの後でも、いろいろ使いたくなること必至ですね。

会場のみの限定発売で、税込390円とお買い得。
GEISAIのお土産にもどうぞ!

愛知のスタジオが六本木に!?大竹司展開催中!

GEISAI #4で銅賞を受賞した大竹司さんが、現在六本木のギャラリーで展覧会を開催中です。
DMを見て驚きましたが、なんと今回、愛知知多市の自宅の自室をそのまま東京に空間移動させて、作品制作の現場を再現しているとのこと。
タイトルはずばり「話す部屋」。
実際にどんな風になっているのか、興味津々です。

otake1.jpg
これは愛知の自室の写真です

そもそも、なぜそのようなコンセプトにしたのでしょうか?
ご本人に伺うと、とても面白い回答がかえってきました。
「今までは作品を作ることが自分の中でそれほど重要なことではないと思っていたのですが、最近〈作品をつくる〉ということに随分自分が救われていることに気がつきました。
今回の展示は、僕の生活とそこから生まれてくる作品とを一緒に展示してみようという試みです。部屋に溢れているたくさんの〈もの〉が僕(僕ら)の嗜好を代弁し、作品をより近くに感じてもらえると思っています。」

2.jpg


カラフルな紙を切り絵にしたり、キャンバスに描いたり、また動物や雲形模様が特徴的な大竹さんの作品ですが、最近はとくに線のフォルムを探っているそうです。
大きな作品に挑戦していきたいという、いまだ未消化の揺れ動く気持ちの変化も、きっと展示作品からはかいま見えるはずです。

3.jpg


GEISAI参加以後は、「自分の作品になっているか?」をいつも問いかけ、納得いくまで何度もつくり直すことがあるとのこと。
この展覧会には、そんな試行錯誤を続ける大竹さんの今がそのままつまっているにちがいありません。
10日は本人も会場にいらっしゃるそうですので、ぜひ足を運んでみてください!

5.jpg

大竹さんのプロフィールはこちら

*大竹司個展「話す部屋」
9月5日~9月17日まで
ギャラリー金輪
10:00-18:00 日・祭日休
東京都湊港西麻布1-2-12-E-101
tel.03-3796-7793
日比谷線六本木駅2番出口下車、西麻布交差点方面へ徒歩5分
http://www.geocities.jp/rankai_ya/

流木家具名人、世界劇場さんの作品展が開催中!

GEISAIミュージアムで銅賞を受賞した世界劇場さんが、個展を開催中です。

1.jpg


流木を使った家具を制作し、舞台のように空間を演出して
ディスプレイをする世界劇場さん。
ふたつと同じもののないオーガニックな彼らの家具は、
用途がありながらも暖かみのあるオブジェとして、独特の風情をたたえています。
これまでは流木とコンクリートをメインにしてきましたが、
今回は鉄や木材、植物などと、素材の幅を広げているそうで、
展示会場の写真を拝見すると、力作揃いの模様!
会期が二部に分かれていますので、二度楽しめる展覧会となっています。

ちょうど会場は東京ビックサイトの向かいの建物にあるギャラリーです。
11日のGEISAIに行かれるときは、ぜひお立ち寄りを!

2.jpg


*世界劇場さんのプロフィール

世界劇場作品展
8月28日~9月10日 第一部「garden」
9月11日~9月25日 第二部「living」

会場=ZA Gallery 有明
東京都江東区有明3-1-22 WANZA ARIAKE BAY MALL 2F
tel.03-5530-5711
10:00-19:30(最終日17:00まで)
*ゆりかもめ「国際展示場正門駅」下車すぐ
*りんかい線「国際展示場駅」下車徒歩3分

佐藤玲さん連載コラム8!

sato_title4.jpg


夏の装い

最近、ビーチサンダルばかり履いていて、足の親指の爪にあざができています。
全然痛くないんですけど、ビーサンを履くたびに広がってゆきます。
でも、履くことをやめることはできません。
行ってきますといってから、0.5秒ででかけられるのがビーサンの魅力です。
靴下もはかなくていいので風が当たって気持ちいいし。

私は基本的に楽な格好しかしません。
あと、今年の夏になってはまったのが短パンです。
このありがたさは去年までは気づきませんでした。
今年、ずっと短パンをはいていて、長ズボンをひさびさにはいたときの違和感といったらないですよ!
今までよくこれをはいていたなぁと思ったくらいです。
素材的には絶対綿や麻がいいです。
私は汗っかきなので汗を吸わない素材の服を着ると
気持ち悪くていやなのです。スカートとかならよいですが。

夏は身軽な服装でいられるのでとても嬉しいです。
上着とか邪魔じゃないので毎日手ぶらだった小学生の頃みたいでいいです。
そういえばこの間、日焼けしたせいか、二つに髪を結っていたせいかバスのおじさんに小学生に間違われました。
全然小学生っぽくない服装だったんですけど…!謎です。
せめて中学生に間違われたかったです。


sato.jpg


sato3.jpg


sato2.jpg


写真・文=佐藤玲(アーティスト)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。