GEISAI MAGAZINE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉澤久美子さんのくまグッズが発売中!

贈り物にちょっと風変わりな縁起物を

GEISAI#7では、長瀬哲朗審査員特別賞をはじめ、CASA Brutus賞、B GALLERY賞とを複数同時受賞をした吉澤久美子さん。
受賞作品「LOOSE」は、熊の着ぐるみが床に横たわり、切り離された頭部をラジコンで動かせるという、インパクトあるものでした。(受賞作はこちら
その作品の延長に生まれた熊のグッズが、現在、六本木ヒルズのアート&デザインストアで販売されています。

yoshizawa1.jpg

タイトルは「Prayer」。フェイクファーと綿でできており、中にがらがらが入っています。高さ14cm、幅は10cmです。
やはり、というべきか、熊の頭は切り離されています。
写真はディスプレイの様子で、実際の商品は身体の部分だけです。
そもそもなぜ、頭と身体が離れているのか、コンセプトを伺うと、以下のような言葉が返ってきました。
「離れた頭を追ってやってきたのに、結局見失ってしまった。
だから今は溢れ出す想いを胸に祈っています。」


作品を振ると、がらがらと音がしますが、これについては、
「人が祈りを捧げる時、自分の願いを聞いてもらうために、音を出して合図することで神様に気ついてもらおうとする手段(神社の鈴や、教会の鐘など)と重ねています。」
とのこと。
願いを叶えようとする純粋な思いのあらわれなのか、あるいは本心に素直になれない自分自身の比喩なのか。プレイヤーとはそれを手にする持ち主自身のこと? 身体から出ているカラフルな糸は人の思いを表しているの? コミュニケーションの可能性と不可能性について様々な想像をかきたてます。トリッキーな表現には通底する深い思いが隠されているようです。
ドキッとするようなビジュアルが鮮烈な吉澤さんの作品。身近に置いてじっくりと愛でるチャンスです!

yoshizawa2.jpg
Prayer ベージュ、白、茶の三色 各2940円

★パッケージに入っているプレイヤーのはなし

僕は君を失った
もう見つけられないみたい
意味がないから
もう必要ないみたい
糸もないしね
放たれたから
だから君の事を祈るんだ
鳴らせ 僕の祈り
流れろ 僕の想い
わかるかい?


吉澤久美子さんのHP
六本木ヒルズ アートアンドデザインストア
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://geisaimagazine.blog11.fc2.com/tb.php/13-b830e8c9

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。