GEISAI MAGAZINE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うんこ三太郎のドイツ武者修行」最終話!

パリ、ヴェネツィア~そしてドイツへ

今、僕はヴェネツィアでこの文章を書いている。ヴェネツィア・ビエンナーレを見にきた。その前には、パリにいた。パリのカルティエ現代美術財団で行われた20代の若手アーティストが中心にセレクトされた展覧会を見てきた。その展覧会には、GEISAIからも2人出品していた、他にも何人かの日本人アーティストが出していた。出品してもないのに、あんまり入れてもらえないはずのオープニング・パーティーに入れてもらった。
その後、僕はヴェネツィア・ビエンナーレを見た。カルティエ現代美術財団での展示もGEISAIに出品している多くの人とたいして変わらない年齢の人が展示しているけど、カルティエ現代美術財団での展示の延長線上にヴェネツィア・ビエンナーレとかがある、そんな空気を感じた(実際にヴェネツィア・ビエンナーレに参加している若い作家もいた)。選び抜かれた作品を展示しているからそれはそうだ。
GEISAIは、無審査ノールールだからそんな雰囲気全然なしだ。だからこそGEISAIの中からしか出てこないアートもあると思う。僕は、ヴェネツィア・ビエンナーレですごく好きな作品がいくつかあった。やっぱり、ある程度力のある作品ばかりだ。でも、GEISAIでも、本物かも知れないと思う作品にもたまに出会う。そしてGEISAIの中のそういう作品は、本物なだけじゃなくて、ここにしかないような面白さがあるように思う。だから、GEISAIというイベントは他のアート・イベントにはない可能性を秘めているんじゃないだろうか、という気がした。そういうイベントから出てきたアーティストが今、カルティエ現代美術財団に並んでいることに、なにか次の可能性を感じる。
僕は、パリで一つ作品をつくった。作品といっても、友達のためにつくったビデオ・レターのような映像だ。そういえば、うんこ三太郎で初めてつくった作品も友達に書いた手紙だった。正直なところ、僕はドイツでまだなんにもやっていない、でも早く自分も発表がしたいと思っている。来週ドイツに帰って、それからやることがいっぱいだ。(終)

unko.jpg
6月22日、パリのカルティエ現代美術財団「夢を見る」展オープニングに
はるばるドイツから訪れたうんこ三太郎さん
写真=森本美絵


文=うんこ三太郎(芸術道場グランプリ銅賞受賞)
*GEISAI#7でのメダリスト展の様子とプロフィールはこちら
うんこ三太郎HP
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://geisaimagazine.blog11.fc2.com/tb.php/14-4f1c8f06

無審査

  あの大手が無審査融資!! ありえない!! 私のキャッシング★体験 「1秒審査は、無審査」と聞いていたけど、「本当かな」と、私は恐る恐る、あの大手に申込んだら、なんと直ぐに返事が来て借入れできました。^^) 3秒,10秒
  1. 2007/07/28(土) 02:55:06 |
  2. 無審査キャッシング

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。